2011年8月8日月曜日

『音楽の祭日in奈良』を終えて・・・ 

この企画が動き出したのはいつ頃だっただろう・・・?
と振り返ると自分でも驚いてしまう。だって、今年に入ってからのことだったのだから。
あの時は、まさかこんなにもいろんな色の花が咲くなんて想像していなかった。

N氏が語った夢や理想に私は共感し、自分もその中にいたいと思った。
建物の釘一本でもいい、自分という存在がかすかに、だけど確かに何かの役に立てる・・・
その建物がどのくらいの大きさで、どんな形をしていて、どんな色をしていて、というのは
その時の私には知る由もなく、また、さして重要でもなかった。

次々に語られる理想は、驚くようなスピードでどんどん現実味を帯びていった。

人から人へ・・・・・

会場、ミュージシャン、お会いするすべての人々が熱心に話を聴いてくださり、
二つ返事で快諾してくださった。信じられない出来事。
段々と、自分が思っても見なかった大きなうねりの中にいることに気づいた。

自分たちが作り始めたものは、既に想像しきれない世界にいってしまっているようだった。
喜びと不安の中でただ   “よかった”   と関わったすべての人が思えるものにしたい、
と強く願っていた。
そしてたくさんの人が、影日向で丈夫な丈夫な柱となって支えてくださった。

当日は街中に色とりどりの花が咲いたようだった。
その花が新たな種を蒔いてくれたことを、今実感している・・・

2 件のコメント:

  1. tallさん、コメントありがとうございます!!
    アップロードうまくいかなかったみたいですね(-。-)y-゜゜゜
    なぜかメールで届いていますので、かわってアップしますが
    よろしいでしょうか?
    ---------
    Nさんとスタッフの皆さん
    今回の「音楽の祭日」の大成功を心からお慶び申し上げます。
    スタッフの皆さん 本当に本当にお疲れ様でした。
    今回の大成功は当初に予想した以上の偉業です。
    皆さんはEU協会の一員であることを本当に誇りに思ってください。
    この大成功でEU協会の認知度は格段にアップしました。
    唯、今回の偉業も沢山の人々のご協力があればこそ達成出来たことは間違いありません。
    Nさんは今回の成功に酔いしれる間もなく次の目標に向かって進んでいます。
    次回はスタッフ不足を補うべく、Nさんも考えておられるようですから、皆さんのご負担が減ることを期待しています。
    Nさんとスタッフの皆さんは車の両輪です。
    どちらが無くてもイベントの成功は無理でしょう。
    今回の成功から導かれた教訓を糧にして次回に活かせていただきたいと念じています。
    皆さんのご健勝を祈念します。

    返信削除